オンラインポーカーにかかる税金はどうなる?税金計算や確定申告を解説

いつでもどこでも気軽にプレイできるオンラインポーカーですが、賞金を稼いだ場合、税金を支払う必要があるのか疑問に思ったことはありませんか。

この記事では、オンラインポーカーで稼いだ場合の税金や、確定申告、経費、税金対策など、オンラインポーカーの税金に関するいろんな疑問について詳しく解説していきます。

オンラインポーカーで税金はかかるのか

結論から言うと、オンラインポーカーでは税金がかかる場合とかからない場合があります。

これはオンラインポーカーには税金の控除があり、その控除額を越えなければ税金はかからないのですが、超えた場合は税金が発生します。

この章では「オンラインポーカーで得た収入はどういった扱いなのか」「オンラインポーカーでの税金はいくらからかかるのか」などについて解説していきます。

①オンラインポーカーの税金区分は?
②一時所得とは
③オンラインポーカーの税金支払い義務はいくらから?

オンラインポーカーの税金区分は?

私たちが給料に対して所得税を払うのと同じように、オンラインポーカーで稼いだお金にも税金が課せられます。

オンラインポーカーの税金区分は「一時所得」で、オンラインポーカーで得た収入に対して税金がかかります。

この一時所得とは何なのかを詳しく見ていきましょう。

一時所得とは
オンラインポーカーの税金区分である、一時所得の概要は以下の通りです。下の文章は国税庁から引用したものになります。
一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。
(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)

(2) 競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等
引用:国税庁

一時所得はオンラインポーカーの他にも競馬や競輪などで稼いだお金もこの一時所得に含まれます。

オンラインポーカーの税金支払い義務はいくらから?

一時所得には50万円の控除がありますつまり、オンラインポーカーでは控除額の50万以上を稼ぐと税金が発生するということです。

税金が心配だけど、ポーカーを楽しみたいという方はKKポーカーがおすすめです。最小の参加料が0.01~0.02ドルからプレイでき、リアルマネーを使わないフリーロールもあるので無料でポーカーを遊べます。

KKポーカーの詳しい評判はこちらの記事をご覧ください。

KKポーカーの評判記事

KKPoker(KKポーカー)は数千円からでも始められ、ポーカーをスタートするのに最も適したオンラインポーカーアプリです。この記事では、数あるオンラインポーカーアプリの中でも、KKポーカーがおすすめな理由についてアンケートの結果や評判を[…]

KKPoker KKポーカー とは 解説 登録 評判

オンラインポーカーの税金計算方法を紹介

この章ではオンラインポーカーで稼いだお金にどれくらい税金がかかるのか、その計算方法について、具体例もふまえて説明していきます。

①一定額を越えなければ確定申告は不要
②オンラインポーカーにかかる税金の計算方法
③給与・バイト代がある人の税金計算方法

①一定額を超えなければ確定申告は不要

前の章でも説明しましたが、オンラインポーカーは控除分の50万円を超えなければ税金がかかることはありません。しかし、それ以上オンラインポーカーで稼ぐと確定申告をして、税金を納める必要があります。確定申告を行わないと脱税になってしまうので必ず行うようにしましょう。

確定申告のやり方についても、この先でご紹介していくのでご覧ください。

②オンラインポーカーにかかる税金の計算方法

一時所得の計算方法はこちらです。

収入額-支出額-控除額(最高50万円)=一時所得
収入額とは、ポーカーで得た利益のこと。支出額とは、利益を得た際にベットした金額やトーナメントの参加費です。
最終的に課税対象となるのは、一時所得の1/2の金額です。
例えば…
100万円の一時所得がある場合、課税対象となるのは半分の50万円になります。
注意が必要なのが、支出額は「利益を得た際のベット額・トーナメント参加費のみ」ということです。
損失が出た際のベット額・トーナメント参加費は支出額には含まれないので注意しましょう。
具体例は、次の章で解説しているので参考にしてください。
③給与・バイト代がある人の税金計算方法

会社の給与やバイト代など、オンラインポーカー以外の収入がある場合、この一時所得とその他の所得を足した総金額に税金がかかります。

オンラインポーカーの所得と給与に対してかかる税金の計算式がこちらです。

(一時所得÷2+その他の所得金額) × 累進課税 - 所得控除額 = 支払うべき所得税
累進課税率についてはこちらの表を参照してください。
引用:国税庁

オンラインポーカーの税金計算の具体例

今回は、サラリーマン(給与所得者)が、オンラインポーカーで利益を出した場合の具体例を紹介します。

職業:サラリーマン
年収:300万円
オンラインポーカーの収入:100万円
オンラインポーカーで以下の表のようにプレイして、合計100万円の収入を得たとします。
日付支出額
(ベット額)
収入額
(稼いだ金額)
1月10日5万円40万円
4月21日30万円0円
10月30日10万円50万円
12月29日15万円10万円
合計60万円100万円

支出額は「利益を得た際のベット額・トーナメント参加費のみ」なので、4月21日のベット額30万円を除いた、30万円が支出額になります。

そのため、この場合のオンラインポーカーの税金区分である、一時所得の金額は、

収入額-支出額-控除額(最高50万円)=一時所得
100万円-30万円-50万円=20万円
このようになります。そして、オンラインポーカーでの収入と給与を足した、税金の総額は、
(一時所得÷2+その他の所得金額) × 累進課税 - 所得控除額 = 支払うべき所得税
(20万円÷2+300万円)×10%-97,500円 = 212,500円

となります。この場合のオンラインポーカーの税金自体は、数万円程度なので高額ではないことが分かります。

オンラインポーカーの税金を理解した上で「もっとポーカーで稼ぎたい!」という方は、KKポーカーがおすすめです。

KKポーカーは、プロの割合が少ないため初心者でも勝ちやすいのが特徴。また、無料で参加できるトーナメントを多く開催しており、資金がなくても稼ぐチャンスがあるのがKKポーカーです。

KKポーカーの詳しい評判や登録方法はこちらの記事をご覧ください。

KKポーカーの評判記事

KKPoker(KKポーカー)は数千円からでも始められ、ポーカーをスタートするのに最も適したオンラインポーカーアプリです。この記事では、数あるオンラインポーカーアプリの中でも、KKポーカーがおすすめな理由についてアンケートの結果や評判を[…]

KKPoker KKポーカー とは 解説 登録 評判

オンラインポーカーの確定申告のやり方

オンラインポーカーで稼いだお金にかかる税金は、必要な書類を揃えた上で国税庁が定めた期限までに確定申告する必要があります。

オンラインポーカーの税金は、1月から12月分の収入で計算し、翌年の2月の中頃~3月の中頃までに提出が必要です。

▼確定申告を行う時期と必要な書類

時期翌年の2月の中頃~3月の中頃
必要な書類●給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)
●私的年金等を受けている場合には支払金額などがもの
●医療費の領収書等、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書、生命保険料の控除証明書、地震保険料(旧長期損害保険料)の控除証明書、寄附金の受領証 など
※源泉徴収票などの原本は捨てずにとっておきましょう。
出典:国税庁
①個人or税理士に依頼の2パターン
②確定申告をするときに注意すること

①個人or税理士に依頼の2パターン

確定申告を行うには、個人で行うのと税理士に依頼してやってもらうという2つの方法があります。

少額であれば個人でも可能ですが、多額になってくるとと複雑になってくるので税理士に依頼して確実にやってもらう方をおすすめします。

②確定申告する時に注意すること

確定申告で注意することは期日を守らなければいけないということです。たとえ期限をても確定申告は必ず行う必要があり、その際は期限後申告という扱いになり無申告加算税もしくは重加算税のペナルティを受けることになります。

無申告加算税の場合、納付すべきだった所得税に5~20%、仮装・隠ぺいによる重加算税の場合は40%の税金をプラスで支払う必要があります。

オンラインポーカーの収入が50万円を超えている方は、確定申告が必要かを税務署や税理士などに相談しましょう。

オンラインポーカーの税金対策を紹介

オンラインポーカーの税金対策は、オンラインポーカーで収益を上げるために使用したお金を経費として計上して、収入額を下げる方法です。オフラインのポーカーでは、海外の渡航費やホテル代などの費用を経費として計上できます。

同じように、オンラインポーカーで経費として認められる可能性があるものとして、パソコン代や分析システム代、会食代などがあげられます。しかし、それらは必ず経費として計上できるわけではないため、税務署の人に尋ねられた時にしっかりと説明できるものである必要があります。

また、他に考えられる税金対策としては50万以上出金しない、出金をしたとしても所得税の税率が上がらないラインまで抑えるなどの節税を行うのもの方法だと言えるでしょう。

オンラインポーカーでの賞金に税金を納めなかったらどうなる

もしオンラインポーカーでの賞金にかかる税金を納めなかった場合は修正申告、追徴のペナルティを受ける可能性があり、最悪の場合は裁判にまで発展することもあり得ます。

バレないだろうと考える方もいるとは思いますが、オンラインポーカーは銀行を通じて入出金を行うので記録が残りますし、金額が大きいと税務署側が、申告漏れを調査するため、税務調査が入ることがあります。

もし、追徴のペナルティを受けた場合には支払うべきの税額の1.5倍の延滞利息を取られてしまうので、そうならないためにも確定申告の期限を守ること、遅れてしまったとしてもなるべく早くオンラインポーカーの税金は支払うようにしましょう。

オンラインポーカーの税金ついてまとめ

オンラインポーカーと税金について解説してきましたが、オンラインポーカーで50万円以上稼いだ場合は一時所得として税金がかかるという点には注意です。

せっかくオンラインポーカーで稼げたお金も確定申告の期限を過ぎたり、忘れていたというような事態が起きてしまうと相応のペナルティを食らってしまいます。そのため忘れずに確定申告を行い、オンラインポーカーを楽しくプレイしましょう。

KKPoker(KKポーカー)の登録・ダウンロード方法は下記の記事に詳しく説明しています。

kKポーカーの登録・ダウンロード方法はこちら

KKPoker(KKポーカー)は数千円からでも始められ、ポーカーをスタートするのに最も適したオンラインポーカーアプリです。この記事では、数あるオンラインポーカーアプリの中でも、KKポーカーがおすすめな理由についてアンケートの結果や評判を[…]

KKPoker KKポーカー とは 解説 登録 評判

 当サイトからKKPokerに登録するとポーカーラボクラブに加入でき、様々な限定特典が貰えます。当クラブでは年間500万円以上のプレゼントイベントが定期的に開催されています。

【当サイト限定特典】
・ハンド数に応じてMAX50%のレーキバック
ポーカーラボ限定フリーロールへの参加:毎月1000ドル相当(約15万円)以上の賞金あり
・GTO Wizardで解析したオリジナルAoFハンドレンジプレゼント
クラブ紹介特典:紹介した方・紹介された方に25ドルずつ、計$50をプレゼント
・JOPT・KKpoker Liveなどの大型ライブトーナメントチケット(年間総額200万円相当)プレゼント
・初心者~上級者が集まる専門Discordコミュニティへの招待
無料オンラインコーチング
・KKPokerでのトラブル対応

ポーカーラボのクラブ招待コード:「98893」
クラブに所属していない方は、登録後14日以内であれば招待コード:「98893」を入力したらクラブに属することができます。

クラブに属している方でも、例外としてオーナーが非ログイン状態が3か月続けば移動可能です。その際は、クラブID「98893」入力して是非当クラブにお入りください。

無料Discordコミュニティの参加はこちらから

KKクラブの仕組みや詳しい説明については、こちらの記事で解説しています。ぜひ見てみてください。

KKクラブとは?おすすめクラブを紹介

KKポーカー(KKPoker)のクラブとはポーカーコミュニティで、参加するとレーキバック、無料トーナメントへの参加などの特典が受け取れます。本記事では徹底比較したおすすめのクラブを10個ランキング形式で紹介します。この記事で分か[…]




{“@context”:”https://schema.org”,”@type”:”FAQPage”,”mainEntity”:[{“@type”:”Question”,”name”:”オンラインポーカーに税金はかかりますか?”,”acceptedAnswer”:{“@type”:”Answer”,”text”:”オンラインポーカーでは税金がかかる場合とかからない場合があります。\n\nオンラインポーカーには税金の控除があり、その控除額を越えなければ税金はかかりませんが、超えた場合は税金が発生します。”}},{“@type”:”Question”,”name”:”オンラインポーカーの税金区分は?”,”acceptedAnswer”:{“@type”:”Answer”,”text”:”オンラインポーカーの税金区分は「一時所得」で、オンラインポーカーで得た収入に対して税金がかかります。”}},{“@type”:”Question”,”name”:”オンラインポーカーの税金支払い義務はいくらから?”,”acceptedAnswer”:{“@type”:”Answer”,”text”:”一時所得には50万円の控除があります。オンラインポーカーで得た収入のうち、50万円分は税金が免除されるということです。\n\nつまり、オンラインポーカーでは控除額の50万以上を稼ぐと税金が発生するということを覚えておきましょう。”}},{“@type”:”Question”,”name”:”オンラインポーカーの税金対策方法は?”,”acceptedAnswer”:{“@type”:”Answer”,”text”:”オンラインポーカーの税金対策は、オンラインポーカーで収益を上げるために使用したお金を経費として計上して、収入額を下げる方法です。\n\n他にも、50万円以上出金しない、出金をしたとしても所得税の税率が上がらないラインにまで抑えるなどの節税を行う方法もあります。”}},{“@type”:”Question”,”name”:”オンラインポーカーでの賞金に税金を納めなかったら?”,”acceptedAnswer”:{“@type”:”Answer”,”text”:”もしオンラインポーカーでの賞金にかかる税金を納めなかった場合は修正申告、追徴のペナルティを受ける可能性があり、最悪の場合は裁判にまで発展することもあり得ます。\n\nオンラインポーカーは銀行を通じて入出金を行うため記録が残る・金額が大きいと税務署側が申告漏れを調査するため税務調査が入ることでばれてしまいます。”}}]}

ポーカー総合コミュニティー

Poker Lab(ポーカーラボ)は、おすすめのオンラインポーカーアプリの紹介やポーカーの基本知識、戦略について幅広く網羅する総合ポーカーメディアです。
当サイトが運営している無料コミュニティ「PokerLab」では世界収益ランク上位になったことがあるプレーヤーも参加しており、みんなでポーカーを研究しています。
毎週、参加費無料で賞金が手に入る大会も開催しております!ぜひ下のボタンからチェックしてみてください。

CTR IMG